今、土壁や漆喰壁といった『塗り壁』が注目されています。

塗り壁とは建築物の壁面に左官職人がコテで塗り付ける建築材料です。
これまで、建築の近代化によりビニールクロスなどの工業製品が主流となっていましたが、

「塗り壁」の優れた特性により再び評価が高まっています。

その背景には人が親近感の持てる自然素材でつくられた「塗り壁」の良さが

今の時代に必要とされてきたからではないでしょうか。

人に優しく 安全・快適な漆喰(しっくい)

自然素材ならではの優れた機能性でお部屋を心地良く彩ます。
漆喰(しっくい)の外壁は独特の風合いを持つ人気の素材で、

和風住宅だけでなく南欧風など輸入住宅の外観にも利用されています。
失敗しない漆喰の塗装の仕方と費用の抑え方. お家の築年数、湿度、

居住人数など、お家によって住環境は様々です。
用途に合わせた塗り方や漆喰のタイプや量など、お気軽にご相談ください。

初心者でもプロの仕上がりに

DIY初心者でも、塗り方ガイドや刷毛引き仕上げの方法など、現役左官職人が丁寧に説明したビデオをご用意しております。

左官職人へのご依頼

経験豊富な左官職人が、丁寧に作業いたします。特殊加工や防汚処理されていている場合でも安心してお任せ下さい。

ZONO A@ 塗り方ガイド

ZONO A ® 塗り方 動画

動画再生

ゾノエース塗りサンプル

最近流行の塗り壁は、様々な種類や塗り方があるのをご存じでしょうか?
ベーシックなコテ波模様のほかにも、刷毛引き模様、扇模様など、模様の付け方によって壁の表情が変わってきます。
現代漆喰ゾノエースは骨材を混ぜずに、レンガ調や上記のパターン模様も表現でき、

模様を付けずにフラット仕上げにすることも可能です。現代漆喰ゾノエースは壁にも天井にも塗れるので、

お好みの模様を付けて楽しまれてはいかがでしょうか?

ZONO A パターン塗り 質感の一例です。

①コテ引きずり仕上げ

②横スパニッシュ仕上げ

③コテ波仕上げ

④クシ引き仕上げ

⑤イタリアンシャーベット

⑥刷毛引き仕上げ

⑦スパニッシュ仕上げ

⑧扇仕上げ

⑨ポリッシング仕上げ

特殊加工となります。

⑩ローラー塗り仕上げ

※ご注文時にご指定ください。

パターン塗り仕上

【1】塗布量合計(下塗り+上塗り)厚み:約1.5mm~2.7mm
【2】塗布量合計(下塗り+上塗り) NET18.0kg 約12~13.5㎡

※パターン仕上がりは筋目が出てしっかりと仕上がります。
※コテの厚みは0.3㎜以下のものを使用してください。